薬剤師として転職して感じた時期の良し悪し

薬剤師は活躍の場が年々増えていることは確か

薬剤師は活躍の場が年々増えていることは確か | 選ぶ基準は資格取得に対するサポートの充実 | ボーナスをもらったタイミングでやめてしまう薬剤師が多い

薬剤師は活躍の場が年々増えていることは確かだし、勤務先により仕事内容や給与をはじめ異なる点はかなり多いことは間違いないので、一人ひとり異なる理想としている働き方をするためにも、キャリアアップは欠かせないと思いましたが、今の職場ではどうしてもキャリアアップには繋がらないと身をもって感じていました。
薬剤師は資格を要する職業ということもあり人手不足で売手市場ですが、どんな人でも簡単に好きな働き先を選んで職に就けるというわけではないし、条件が良い働き先となれば、それなりのキャリアが必須となってくるので新たな働き先を求めても成功しないかもしれないという気持ちも少なからずありました。
給与アップを考えたり更にやりがいがある働き先を求めるとなれば、キャリアアップをしていかなくてはならないし、同じ職場で実績を積んだり資格を取得することも可能かなとも思った時期もありましたが、考えれば考えるほど転職をした方が効率よくキャリアアップができるのではないかという結論にたどり着いてしまっていて、勇気を出そうと思えたのが良かったなのかなと思います。
同じ職場で働くことに美徳を感じる世代でもないし、そこにこだわりすぎないように気をつける必要があると思い、知識もつけていきたいと考えていたので尚更、今までとは違う環境の職場に飛び込んでみるのが一番かなと思えました。

薬剤師のベストな転職時期なんてあるの?