薬剤師として転職して感じた時期の良し悪し

選ぶ基準は資格取得に対するサポートの充実

薬剤師は活躍の場が年々増えていることは確か | 選ぶ基準は資格取得に対するサポートの充実 | ボーナスをもらったタイミングでやめてしまう薬剤師が多い

研修制度が充実していいて、先を資格取得に対するサポートが充実している選ぶようにし用ということを基準に選ぶことにし、同じ場所で長く勤務することが良いと考えられていた時代は終わったなと自らで思いました。
現代では同じ場所ではなく自分の可能性をより伸ばせる場に転職していくことが自然なことだし、それは薬剤師にも当然当てはまることなんだろうなと思います。
自らの将来を明るいものにできるかは自分次第だし、行動を起こすことが必須となってくるので現在では様々な活躍の場があり、理想とする薬剤師像も一人ひとり違いがあって当たり前だなと思いました。
だからこそ、自分の理想を叶えるためにはどうすれば良いか考え、キャリアアップをしていくためにも役立つ資格を取得できる先を選んだり、転職するタイミングにも注意するべきだと感じています。
1月から3月や、7月から9月は年間を通して最も転職市場が活発になることもあり、当然求人数が増える時期だと言われているので、そのタイミングを狙うべきなのかなと考えたりもしていました。

薬剤師の求人・転職サイトを90サイト比較し、本当に使える転職サイトを紹介しています。
この方法で年収100万アップできます。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXHWUp pic.twitter.com/TvJQMNrH6u

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年11月8日